日本人は欧米、西洋コンプレックスというのを心のどこかで持っている事が多く、その傾向は住宅などでも現れます。
日本の古い家には全く興味が無かったり、価値を感じない人も多く、多くの人がどこか西洋っぽい住まいに関心があり、住宅展示場などに休日を使って訪れてみると多くが西洋的なデザインである事が多いです。

 

住宅の外装の色などを日本人好みにしている事も多く完全に西洋っぽいとまではいかなくても、やはりどこか西洋っぽさを感じさせます。
そして日本人の多くの人は新しい、綺麗な物に価値を見出します。

 

日本の昔の家にある骨董や文様にも興味が薄いようです。
外国人にはこういった日本っぽいと思う物にこそ価値を感じる人も多いので少しもったいない気もします。

 

また実際の西洋の人というのは古い物に価値を見出す、長く愛用する傾向が強いのですが、この辺も若干、日本とは事情が違うのかもしれません。
特にイギリスやフランスなどではそういった話を聞く事があります。