不動産投資と言うと大きな資金が必要で初心者では敷居が高いものでしたが、REITと呼ばれる不動産投資信託なら比較的少ない資金から投資することが可能です。
投資用不動産を購入するときは不動産会社に足を運んだり何かと大変ですが、REITは証券会社に口座を開設すれば簡単に取引できます。

 

REITでは投資家の皆さんから集めた資金でオフィスビルや商業施設、マンションなど複数の不動産を購入し、得られた賃貸収入や売却利益などを投資家の皆さんに分配する仕組みになっています。
通常の不動産投資では難しい分散投資が可能である、不動産に関する専門家が代わりに運用している、株式と同じように取引時間中なら換金しやすい、利回りが良いなどのメリットがあります。

 

その代わりに株式と同じように価格が変動する、賃料収入が減ったり物件価格が下がると分配金も減ることがある、投資した物件に地震・火災などの自然災害が起きる恐れがある、法人形態のREITは倒産リスクがあり、倒産が明らかになった場合はREITの価格が大幅に下がることがあるなどのデメリットがあります。