修理を重ね、今まで住んでいた

これは自分が実家に住んでいた時の体験です。
当時の実家は古いこともあり、非常に多くの修理をしました。

 

その際、祖父が中心になって計画を立てたのです。実家は祖父が建てたものであり、非常に大切な存在でした。

 

そこで私達が計画したのが、古くなった壁を修理することです。修理は専門の大工に依頼しました。

 

この大工は祖父とも関係が深く、大いに信頼できる存在だったのです。
実際に壁を修理すると、非常に雰囲気が変わりました。

 

自宅は古かったのですが、修理によって現代的になりました。
また、祖父が価格を交渉していたので、修理代もリーズナブルだったそうです。

 

私はこの壁を見ることで、常に修理の体験を思い出すことができます。
今ではたまに実家に帰る程度ですが、それでも良い家だと思います。

 

長く生活した家は、どんな建物よりも魅力的です。
そして、何よりここには思い出があります。

 

修理を重ね、今まで住んでいたのです。
これからも実家は大切にしたいです。